• ホーム
  • 事業団について | 経営方針

事業団についてabout

経営方針

経営理念

埼玉県社会福祉事業団は、利用者、職員、地域社会がお互いに支えあい、共に歩む施設を目指し、地域福祉に貢献します。

経営方針

埼玉県社会福祉事業団は、経営理念に基づき、以下のとおり経営方針を定めます。

1 (県の福祉を支えるセーフティネット)

利用者に安心・安全で快適な生活環境を提供するとともに、手厚い支援を要する利用者を受入れ本県福祉のセーフティネットの役割を果たします。

2 (地域との共生)

地域共生社会の実現に向け、地域の福祉課題に積極的に対応するとともに、地域に開かれた施設運営を行います。

3 (先駆的取組の推進)

国や県の福祉施策の動向を踏まえ、民間施設をリードする取組を行い、本県福祉の向上に貢献します。

4 (人材の確保育成)

「元気・優気・根気」を旨とする愛情と高い倫理性、専門性を有する人材の確保育成に努めます。

5 (安定的な経営基盤と透明性の確保)

効果的・効率的な施設経営と継続的な改善により経営基盤の安定化を図るとともに、情報公開による透明性の確保に努めます。

令和2年 4月 1日

社会福祉法人 埼玉県社会福祉事業団

理事長   谷澤 正行 

ページトップ